【注文住宅の家を建てる】住宅ローン仮審査

スポンサーリンク
住宅ローン仮審査
スポンサーリンク

さあ家を建てるにあたって住宅ローンを借りられるかどうかが重要なところ、この住宅ローン審査に通らなければ、家を建てる事は断念しなければならない。

周りの個人事業主の知人達からは、金融機関(地銀等)は、なかなか個人事業主には貸してくれないと言う話は聞いていたものの、持ち家の土地が主人名義だった事、個人事業主になってから年数も浅いですが、3年経っている事とメインバンクから借入出来ると仮に返事をもらえていた事で、多少期待はしていました。

業者は、1番に相談した知人の会社にお任せしようと思ったのですが、リフォームしかした事がなく、主に土木メインの住宅系ではなかったため、新築となると建築工事業の許可が無いとの事で、他の方にお願いしても良いか聞いたところ、全然他に相談して大丈夫だよ。その方がうちもいいからとの事で、また別の知人の親族の方が工務店をやっているとの事で、その知人の家を建てた方で、その家を見てお願いしてみたところ、快く引き受けて頂く事が出来ました。

しかし、この時点ではまだ住宅ローンが組めるか分からず、借りる事が出来たらとの事で、話を聞いて頂き、事前審査に必要な書類をお願いする事にしました。

メインバンクは電話の時点で年収の5倍くらいはお貸し出来ます。とは言ってはいたのですが、実際いくら借りられるか不安だったため、まずは住宅ローンの事前審査を受けるにあたり、業者さんには、住宅の間取図、見積書を新築とリフォームの2パターン用意していただきました。

登録者数10万名突破!モゲチェック

【見積書金額】

  • 新築    3000万円
  • リフォーム 2500万円

それと、確定申告書.青色申告書 三年分

を持って、主人がメインバンクに別件の用事と一緒に事前審査に行きました。

行ったは良いが何と、窓口で直ぐに審査もせずに大変申し訳ございませんが住宅ローンは貸せません。と電話では貸せると言った癖に、「はっ?」と言う感じだったそうです。

別件の担当者が慌てて、何とか取り繕おうと必死だったそうです。

撃沈して帰宅しました。

地元では有名な地方銀行で、個人事業主には厳しく、なかなか融資してくれないので有名な銀行なのです。

「だったら期待を持たせるな!!」と言いたい気分を押し殺して主人は帰って来て、激怒していました。今取引しているものも、他で借入出来たらやめると決意を胸に他の金融機関を探す事にしました。

知人を介して色々と情報収集し、信金さんに相談しようか悩んでいたところ、知人からたまたまJAさんはどうか?融資担当者を紹介してくれるとの話があり、以前JA 共済の家財保険に加入していた事もあって話だけでも聞いてみる事にしました。

初めて会ったJAの融資担当の方はとっても気さくで、よく話を聞いてくれて、断られた地銀さんとは大違いでした。話をきちんと聞いてくれた上で、勿論地銀さんに断られた事もお伝えし、ローンの保証会社は3社あり、3回チャンスはあるので、1つずつTRYして行きましょうとの事でした。

JAの住宅ローンを借りる条件として、JAの準会員になった上で、低金利で借入するには条件等は色々とありますが、金利が安い事に越した事はないので、全て条件に添うかたちでと考えていました。

【JA住宅ローンの保証会社】

  1. 農業信用基金協会
  2. 協同住宅ローン(株)
  3. 全国保証(株)

一度、地銀さんに断られていたので、あまり期待はしていませんでした。

その後、新型コロナウィルスが世界的に流行し、緊急事態宣言の発令と共にJAさんとのお話しは保留状態になりました。コロナの影響もあり、金融機関の事業者さんへの資金融資が忙しいだろうと思い、連絡せずにいましたが緊急事態宣言が明けた頃、連絡してみると大丈夫との事で、取り敢えず新築の方でTRYしてみましょう。と担当の方がおっしゃてくださったので、新築の方で仮審査を通して見ることにしました。

【必要書類】

  • 確定申告書 過去3年分
  • 身分証明書(運転免許証・健康保険証)
  • 住民票
  • 工事見積書
  • 建物図面・配置図・立面

まずは、農協信用基金協会と協同住宅ローン(株)に仮審査を通して見ることになりました。

まず、農協信用基金協会ここが一番審査が厳しいだろうとの事で期待はしていませんでしたが、なんと2日程で、見積金額は3000万円で出していましたが、個人事業主、年齢(50歳)や収入から言って2250万円なら貸して頂けるとの回答を頂きました。

もう一つの協同住宅ローンの方は、1週間ほど経ってから回答があり、借入は出来ないとの事でした。調べてみたら、提携の業者さんで建てる事が条件のようでしたので、それが原因かなと思います。

1件でも貸して頂けるとの事で、希望が持てたので満足してしまったのと、何より担当者の方と気が合うと言う事、地銀の事があったので、他に仮審査してくれるとの回答を頂けていた金融機関もあったのですが、他を試すのも気が引けて、手持ちと合わせてJAの農協信用基金協会さんから借入をしようと決めました。

その後、業者さんに経緯と共に金額等をお伝えして相談したところ、その借入の金額で何とか新築で行こうと言う事になりました。

1人親方でしたので、何とかこちらの希望に添うかたちにしてくださろうとしてくださいました。とっても嬉しく、大変感謝、感謝でした。

何にしても、人との巡り合いと言うのは大切だと思いました。

業者さん、金融機関の方、それぞれに出会えた事は本当に良かったと思っています。第一印象って大事だと思います。人と出会う時はなるべく先入観を持たないようにしていますが、最初を挫くとやっぱり後々良くてもやっぱりどこかで、しこりとなってします事もあるので、大きな買い物、後悔したくないですので、やっぱり住宅メーカー、工務店等、ご自身の意向に添ってとことん話を聞いてくれる業者さんを見つける事が重要だと思います。

うちは、自由設計で、いろんな面で既成がない方が良いなと言う考えでしたので、初めから知人か工務店の方にお願いしたいとの希望でいました。なので予算的にも住宅メーカーさんは無理だったので話は聞きませんでしたが、友人などは、住宅展示場に行って見学等したら、営業さんからの営業がしつこく折れてそこのメーカーで建ててしまったようです。その友人は、そこのメーカーで建てたいと思っていたようなので良かったのかな??、とっても良い2世帯住宅を建てていました。

その友人は、後々になって他のメーカーにも話を聞いてみれば良かったかな?と言っていました。

今は、ネット、SNS、アプリでも、色々な住宅や業者さんを検索する事出来ます。気になった家を建てた業者さんの他の物件を見たり、話を聞ければ聞いて見るのも良いと思います。

私が参考にしていたのはこちらのサイト(アプリもあります。)

www.houzz.jp

ご自身が納得行くまで、色んな業者さんに話を聞いて見るといいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました